記事の詳細

多重債務とは、融資を受けている場合に何らかの事情で返済するための資金が不足したこと
によって、ほかの金融会社からも借り入れをしていくつも借り入れがあるという状態をいいます。

当然ですが借り入れている件数が増えていくほどに、支払うべき金利の金額も多くなっていきます。
多重債務となるともはや、借り入れが雪だるま式に増え続けていくという状況になります。消費者
金融業者がもっともその数を増やしていた時期には業者同士の競争も盛んであり、利用する側に
とっては簡単に借り入れをすることができるという状況にありました。

そこには確かに利便性があったものの、個人あたりの借入金額は増加することとなり、過度の
借金依存といったことが見られるようになったのです。多重債務が増加した原因は、貸す側にも
借りる側にもあるということができます。

金融会社は個人の返済能力ということにかかわらず過剰に貸し付けをしていましたし、利用する
側は安易な借り入れへと走っていました。多重債務もひどい状態になると、個人の力によっては
解決することが非常に困難となります。

弁護士の方に相談して債務整理の手続きをしたり、裁判所によって自己破産の手続きを受ける
という対応が大部分となります。また、多重債務ということになると心理的に疲弊するところも大きい
ため、専門家による心理面でのケアが求められます。

そのほかにもお金の使い方などに問題があるという可能性も高く、家計管理についての指導と
いったことも必要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る