記事の詳細

とにかく目の前にある借り入れを返済しようとして、無計画に別の金融会社からあらたな融資を
受けていると、いつしか多重債務という状態に陥ることとなります。こうなるともはや、個人の力で
多重債務から脱することはきわめて困難な状況になります。

一刻も早く、信用することのできる機関に相談することが重要となります。消費生活センターの
多重債務相談窓口といったところで、多重債務のことについて相談することが可能です。

財務局でも国の窓口として、相談を受け付けています。専門の相談員の方が担当して
いますから、借り入れの状況について伝えることによって、必要があれば弁護士や司法書士
などといった法律の専門家へと引き継いでもらうことができます。

この段階での相談は無料によって行うことができ、個人的な内容ですから話について、秘密も
厳守してもらうことができます。また電話による相談、直接足を運んでの相談といったいずれにも
対応してもらうことが可能です。

なお、弁護士会でも直接無料での多重債務相談を実施しています。弁護士法律相談センターを
利用することができます。弁護士会では従来、有料によって多重債務相談を実施していましたが、
貸金業法が改正されてグレーゾーン金利が廃止されたことから、さらなる多重債務者の増加は
なくなるものと見込まれます。

しかしながら逆に、借り入れを増やすことができないために、返済に追われる債務者が激増する
ものであると予想されることから、債務者がいわゆるヤミ金業者に頼るようなことがないよう、無料に
してでも相談してもらうことを推奨しているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る