記事の詳細

近年になって、おまとめローンとしての金融商品を取り扱う銀行やカード会社が多くなって
きました。利用するのであれば、できるだけ低金利のものを利用したいということは当然でも
あります。

実際に借り換えるにあたっても、すでに融資を受けている借り入れ先よりも低金利でなければ、
利息の金額を減らすことができずおまとめローンを利用することによるメリットも失われてしまいます。
現状で低金利というと、最低金利で3.0%から5.0%未満となっているところが多くあります。

借入限度額についても500万円から1,000万円にまでなるところもあり、1万円きざみで金額の
設定をすることが可能です。多重債務になっている融資については、利息制限法の上限を
超える金利によって契約されているものもあるかもしれません。

これは銀行やカード会社のおまとめローンへ借り換えることによって、間違いなくより低金利の
契約内容へと変わります。それまでの契約内容では金利が返済を圧迫していて、毎月しっかり
返済していても、その大部分が利息に充てられていて元金が一向に減っていないということも
考えられます。

それをおまとめローンへと移行することによって、元金から減り方がかなり変わってくることも予想
されます。そのほか、借入の件数が多いというわけではないものの、借入限度額めいっぱいまで
利用していることによって借入残高がかなりの金額になっているという場合にも、おまとめローンを
検討する価値はあります。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る