記事の詳細

おまとめローンを利用する前には、これまでの借り入れにおいてグレーゾーン金利の
支払いがなかったかどうかについて確認しておく必要があります。

2006年に行われた臨時国会の際に、『賃金業の規制等に関する法律(通称貸金業規制法)等の
一部を改正する法律案』が可決されました。

これが2006年12月20日に公布されたことによって、いわゆるグレーゾーン金利が廃止される
ものとなったのです。それまでの貸金業者といえば、グレーゾーン金利の上にビジネスモデルを
成り立たせているようなところがありました。

グレーゾーン金利というものは、法制度の盲点ともいうべきものであり、そもそも消費者を保護
するために制定された利息制限法などの法律の矛盾をつくものでもありました。利息制限法
においては上限利率が15%から20%であると定められていて、旧出資法においては上限
利率が29.2%であると定められていたのです。

そのため、20%と29.2%の間についての扱いが明確になっていませんでした。そこで借入額が
10万円未満であれば20%、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば
15%が下限、29.2%が上限金利となっていました。

法律の改正以降、この部分にあたる金利は違法であるということになり、支払っていた金額に
ついては返金してもらうことができます。しかしながらいったんおまとめローンに借り換え、
残っていた債務をまとめて返済してしまうと、その後でグレーゾーン分の金利を請求することが
難しくなります。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る