記事の詳細

残高が大きくなっている債務や多重債務をおまとめローンによってひとまとめにしたいというときには、
保証人をつける必要があるかどうかということも気になるポイントです。

業者によって違っているところもあるのですが、大体融資を受ける総額が300万円ほどまでで
あれば、保証人をつける必要がないという場合も多くなっています。

これが500万円ほどになると、保証人が必要とされるケースが逆に大部分となります。
高額であるほどに保証人が必要とされるということになると、その責任も大変に重いものと
なります。

できればおまとめローンを検討する段階で、極力保証人は立てる必要がない金額の利用に
とどめたいところです。依頼する側でも心苦しいところがある一方、保証人を頼まれる場合に
ついても心情は複雑なところです。

数百万円もの借り入れを返済する義務を負う可能性もあるという以上、相当に信頼することの
できる間柄でなければ、なかなか引き受けるという選択をすることも難しいものです。

お互いに迷惑をかけたくないと思うことは当然のことでもあり、借りる側としてはもし首尾良く
保証人を引き受けてもらうことが叶ったというときには、何が何でも返済を滞らせることなく、
予定通りに一本化した残務をなくしていきたいところです。

おまとめローンについてはとかく金利が低くなるといったメリットの面が強調されがちですが、
保証人のことについては慎重に判断していきたいところです。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る