記事の詳細

おまとめローンは、あちこちの金融機関から借り入れているいくつもの借り入れをひとつに
まとめることができるというものです。その後の返済が便利になるものであるということで、
借り入れを希望している方も多くなっています。

しかしながら、申し込みさえすれば必ず融資を受けることができるというわけではなく、
金融機関による厳正な審査が行われた上で融資が決定されます。

その審査においてウィークポイントとなるのが、それまでの借り入れを返済する中で延滞があった
という場合です。誰がいつどこからどれだけの金額の融資を受け、どのように返済していったのか
ということについては、個人信用情報センターで管理されている個人信用情報として蓄積されて
います。

実はこの情報においては、3ヶ月を超える延滞があったというときに『延滞記録』という『事故情報』と
して記録されることになります。ということは、3ヶ月未満の延滞であれば問題がないのではないかと
思われるところですが、そう甘くもありません。

全銀協センターなどといった機関では、毎月単位での返済履歴として、『返済遅延』の記録も
残されているのです。そのため、銀行やクレジット会社といった金融業者が提供しているおまとめ
ローン商品については、こまかな延滞の記録も残されていることになり、融資のための審査を
受けるときにも不利になる可能性が大いにあります。

この延滞記録を登録する基準は、金融機関ごとの判断によるところもあり、返済日に1日でも
遅れがあれば即時に遅延として扱われるということはないようです。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る