記事の詳細

貸金業法が改正されたことによって『総量規制』として、借り入れを受ける上では年収の3分の1に
あたる金額が上限として定められました。年収には消費税の金額も含まれていて、また賞与として
受け取った金額も含まれることになります。

借り入れることのできる金額が制限されたということによって、特に年収がないという主婦の方などが
消費者金融業者を利用することができなくなるということで大きな社会問題にもなりました。ただ、
すべての借り入れが総量規制の対象であるとされているわけではありません。

総量規制対象外となっている融資としては住宅ローンや自動車ローン、また銀行のカードローン、
そのほかクレジットカードを使用して買い物や料金の支払いをおこなった場合のショッピング残高に
ついても該当します。

総量規制対象外となっている金額は除外し、そのほかの借入額を合計することによって、現在
借り入れている金額が導き出されることになり、あとどれだけ借り入れることができるかもわかります。

実はおまとめローンについても総量規制対象外となっていて、借り入れの返済が困難になっている
方を救済するための融資商品であるという性質があることから、規制の除外となっているのです。

この点においては、借入限度額について心配する必要もありません。ただし、そういった根拠が
あることから、おまとめローンとして融資を受けた金額については、目的の通り残っている債務の
返済に充当しなければなりません。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る