記事の詳細

総量規制とは、2006年に成立した改正貸金業法のもとで『目玉』として盛り込まれた
制度です。個人につき、原則として年収の3分の1にあたる金額が借り入れを受ける
ことのできる上限となり、それ以上は借りることができなくなりました。

改正貸金業法で定められた内容自体については、貸金業者のシステムに変更を要するもので
あり準備するための期間が必要であったということもあり、段階的な施行が進められてきました。
もちろん消費者金融業者などを利用する側も多大な影響を受けるということがあり、それも
鑑みられてのことです。

そして総量規制が施行されたのは、2010年6月18日のことでした。貸金業法の適用される
取引が対象となることから、クレジットカードはショッピングとキャッシングに利用することが
できるものの、割賦販売法が多く関係するショッピングに関しては借り入れが年収の3分の1に
達していても、さらに買い物をすることが可能です。

キャッシングは、総量規制の対象です。また、貸金業者からの借り入れが対象となって
いますから、銀行による貸し付けも総量規制とは関係ありません。

銀行からの借り入れと消費者金融業者からの借り入れを合わせて年収の3分の1になって
いても、すぐに総量規制が問題になるということはありません。なお、3分の1を超える貸し付けを
行うと、貸金業者は行政処分の対象になるのですが、借りている側はあくまで新規の借り入れを
することができないというだけで、3分の1を超えている部分をすぐに返済しなければならないという
義務はありません。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る