記事の詳細

貸金業法の改正によって導入された総量規制は、年収の3分の1を超える金額になる
借り入れを受けることができないというものです。社会的に深刻な問題となっていた
多重債務者の数を減らそうという目的によって、改正貸金業法においてもっとも重要な
変更として取り入れられました。

総量規制は貸金業法のもとで施行される制度であるため、適用される対象として関係
するのは貸金業者が実施している貸し付けです。つまりは銀行以外、いわゆる『ノンバンク』
とされるものがすべて該当することとなります。

信販会社でもさまざまなローン商品を提供していますが、ローンに関する事業は貸金業と
なり、その部分において信販会社も貸金業者となるのです。これはクレジットカードに付帯
されているキャッシング機能に関しても同様です。

総量規制の対象外となる取引としては、顧客が一方的に有利となる借り換えというものが
挙げられています。これは、多重債務をひとつにまとめるためのおまとめローンといった
ものであり、場合によっては借り換えをした後で手元に金額が残る可能性もあります。

つまりは従来のように普通に総量規制以上の借り入れを行うことは、まず不可能です。
ノンバンク系の貸金業者に申し込みをしても融資がおりることはなく、申し込みをした
情報が信用情報機関に蓄積されていくだけであり、借り入れに関する条件を不利にして
いくだけです。
もっとも融資の可能性があるのは、銀行のカードローンであるといわれています。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る