記事の詳細

貸金業法が改正されて総量規制が施行され、個人の借入残高の合計が年収の3分の1を
超えることになる貸し付けは、原則として禁止されることとなりました。

それとともにひとつの貸金業者からの借入残高が50万円を超える貸し付け、ほかの貸金業者も
合わせた合計の借入残高が100万円を超える貸し付けについて申し込むにあたっては、年収に
ついて確認することのできる書類を提出しなければなりません。

ただ、総量規制の対象となるのは貸金業者に限られるため、銀行からの借り入れに関しては
対象外であり、年収の3分の1以上になったとしても問題はありません。

そこで銀行では、複数の貸金業者から受けている借り入れをひとつに借り換えてわかり
やすい完済を目指すおまとめローンについて、積極的に展開しています。

実際に総量規制がスタートしてからは、貸金業者を利用していて規制に抵触する方が
おまとめローンのほか、銀行で提供している低金利のカードローン商品へと移行している
動きがあります。

総量規制の例外については知られていないところもあるのですが、『顧客に一方的に有利
となる借り換え』に関しては、残高が年収の3分の1を超えても利用することが可能です。

もしも借入残高がある貸金業者の金利と比較して別の貸金業者の金利が低く、月々の返済額や
返済総額が少なくなるというケースがあれば、例外的に借り換えが可能となる余地があるの
です。もちろん審査によって、返済能力があるかどうかの判断がなされてのことになります。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る