記事の詳細

2010年6月18日に改正貸金業法が施行され、総量規制がスタートしました。
年収の3分の1を超える借り入れは原則として受けることができないというものです。

これを受けてパートタイムの仕事で少ないながら収入を得ているという主婦の方、あるいは
まったく収入がない専業主婦の方にとっては、消費者金融業者からあらたに借り入れを行う
ということが原則として不可能な状況になっています。

事実、大手の消費者金融業者やクレジットカード会社では総量規制が開始されると同時に
収入がない専業主婦の方へは貸し付けを停止したり新規の契約を受け付けることもなく、
利用したことがある方についても追加の貸し付けは行わないという方針をとりました。

融資を受けている専業主婦の方はおよそ150万人にもなるといい、そのうち旦那さんには
内緒にしている方が60万人ほどにもなっています。借り入れをしている主婦の方の4割ほど
にもなっていて、これは日本にいる夫婦のうち50組に1組という割合です。

中には消費者金融を利用することによって家計の急場をしのいでいたという家庭もあり、
一生懸命働いている旦那さんの収入だけでやりくりが追いつかないために何とかしよう
という思いが動機になっていたというケースもあります。

それが総量規制によって消費者金融を利用することもできなくなり、急に資金繰りがうまく
いかなくなったことから秘密でキャッシングを利用していたということが明らかになって
夫婦の信頼関係が揺るがされるという事態が少なからず生じました。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る