記事の詳細

2010年に改正貸金業法が施行されたことによって、出資法における上限金利が
29.2%から20%へと引き下げられました。

従来は貸し付けを行う業者は出資法と利息制限法をそれぞれ根拠にしていて、
利息制限法では上限金利が貸付金額に応じて15%から20%というように定められて
います。

それを超える金利は無効であるとされていたのですが、出資法においては任意性や書面性を
満たせば有効であるとされていたため、上限金利である29.2%を超えると刑事罰の対象には
なったものの、20%から29.2%の部分については利用者が任意で支払ったという扱いで『グレー
ゾーン金利』が存在していたのです。

改正貸金業法が施行されて、20%を超える金利での貸し付けはすべて、刑事罰が課せられる
ようになりました。また、利息制限法のもとでは10万円から100万円の貸し付けであれば上限
金利が18%、100万円を超える貸し付けであれば上限金利が15%として定められています。

ここでそれぞれの貸付金額について出資法の上限金利にもとづき20%で貸し付けたとすると、
貸金業法の法令違反ということで行政処分の対象となることになります。

あくまでも利息制限法にもとづいて、貸し付ける金額に見合ったかたちで15%から20%を
上限金利とした融資をしなければならないということになったわけです。施行日よりも前に
締結された契約の金利については下がらないのですが、グレーゾーン金利の部分に関しては
過払いとして返還請求することが可能です。

 

36

即日 低金利 無利息
土日 銀行 銀行系
おまとめ フリーター 小額
主婦 学生 大口

 

◆掲載金融機関一覧◆

プロミス アイフル アコム モビット 三菱
オリックス みずほ イオン 楽天

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る