記事の詳細

13カードローンには銀行カードローンと銀行系カードローンがあります。
銀行カードローンは、その名の通り銀行が出している商品の一つで、多くの銀行で手軽にキャッシングできるカードローンを用意しています。

銀行系カードローンとは消費者金融会社のカードローンのことですが、銀行が経営資金として出資していて契約時に審査をし保証をする保証会社が銀行なので銀行系と言われています。

銀行カードローンと銀行系カードローンにはそれぞれにメリットとデメリットがあるので、十分比較をして最適なカードローンを選びましょう。

 

img_genelater_02 メリットとデメリットを比較しよう

銀行カードローン 銀行系カードローン
【メリット】

  • 大手銀行という安心感
  • 低金利の商品が多い
  • 借入限度額が大きい
  • 総量規制対象外

【デメリット】

  • 審査が厳しいところが多い
  • 融資までに数日かかることがある
  • 最低借入額が10万円以上のところが多いので
    小額キャッシングには不向き

銀行カードローンの一覧をチェックする>>

【メリット】

  • 審査時間が短く柔軟な審査をしてくれる
  • 即日融資可能
  • 休日・夜間でも申込→審査→借入まで
    30分程度で完了できる

【デメリット】

  • 金利が高いところが多い
  • 総量規制の対象になるので、年収の3分の1を超えての借入不可。専業主婦だと審査に通らないことが多い。

銀行系カードローンの一覧をチェックする>>

関連記事

コメントは利用できません。

人気の金融機関

ページ上部へ戻る